年齢や汚れによる症状別対策

歯が汚いという状態は着色汚れが着いてしまっている現象です。
綺麗な歯にするためには、
加齢に伴うものや着色世汚れに
関する理由で原因と対策が異なります。

加齢に伴う歯の汚れは、
年齢を重ねればいずれは経験するものです。

歯は、象牙質とエナメル質で構成されています。
ホワイトニング等の手を加えていないは歯は、
少し黄色く透けて見えるのが健康的な歯です。

ですから年齢を重ねるごとに
エナメル質よりも象牙質の方が目立つようになるのです。

一方で着色汚れによるものは、
歯磨きをしっかり行うことで対策をするように心がけることが大切です。

エナメル質は、オパールなどの宝石よりも硬いと言われています。

ですから、硬くてツルツルの表面であれば、
着色汚れなんかは簡単に取り除く事ができるはずです。

コーヒーや赤ワインなどのステイン同様、
タバコのヤニ等についても同様であるということです。
しかし、汚れは、簡単に落とせないのが現状です。

その原因が歯の再石灰化です。


トップページはこちら