歯磨きするのに良い方法


歯磨きの目的は、歯のプラークをしっかりと除去し、
虫歯を防ぐ事です。
プラークは歯と歯の間に挟んでいる場合が多く、
歯間ブラシや糸ようじでゴシゴシとプラークを除去するとより良い歯磨きとなります。

そして、歯磨きで大事なのが色んな方向から歯を磨く事です。
そうする事で、歯についた汚れに多方面からアプローチして
汚れがより落ちやすくなります。
具体的には、歯に対して縦や横などの角度です。
歯の上部に対して縦と横、側面に対しても縦と横など、
歯を一本づつきれいにしていくイメージが大事です。

また、歯磨きに良い時間は5分ぐらいと言われています。
これは、歯磨きしてる時に唾液が増えていくからです。
テレビを見ながらダラダラ磨くよりも、5分は集中して行いましょう。
特に奥歯は磨き残しがよくある場所で、
歯医者で検査するとプラークが見つかりやすい場所です。
舌ベロが邪魔して磨きにくい場所でもあるため、
唾液が増える前の歯磨きの1番最初に磨くと良いですよ。


白い歯は、「はははのは」の詳細はこのサイトのトップページをご覧ください。

トップページはこちら