ホワイトニングした歯を長持ちさせる方法と歯本来の白さ

せっかく歯科医院でホワイトニングをしても、
長持ちしなければ意味がありません。

でも長く保つためにはどうしたらいいかについて解説していきます。

まず、ホワイトニングをしたからといって
半永久的に効果を保つことができないということです。
歯科医院で行うホワイトニングは、
薬剤を使用して黄色みがかったエナメル質に暈しをいれて
白くするだけの方法で薬剤の効果は徐々に減少していくのが現状です。

歯を長持ちさせるには、
半年に1回は歯科医院に通院して
定期的にメンテナンスをしていく必要があるということを忘れてはなりません。

ホワイトニングは、
薬剤を使用するため歯の表面に負担がかかります。
それは、 ホワイトニングの度に脱灰が進むため、
エナメル質の表面がデコボコになり歯が弱くなることがあります。

他にも加齢により、
象牙質が目立つこともあるかもしれません。

歯に負担がかかる状態を続けるよりは、
自然な歯本来の白さをしている歯を目指すのが無難です。

トップページはこちら