ホワイトニングでのポリリン酸


ポリリン酸は、大腸菌の中に存在して人間の体の中にも存在しています。
細胞と結合する事でその細胞の働きを高めるため、再生医療などの分野で登場します。
ホワイトニングで利用されるポリリン酸とは? 
ポリリン酸は、大腸菌の中に存在して人間の体の中にも存在しています。
細胞と結合する事でその細胞の働きを高めるため、再生医療などの分野で登場します。

食品添加物でもポリリン酸は利用されますが、
歯で言うならばホワイトニングにポリリン酸は役立ちます。
歯の表面にあるアパタイトとポリリン酸は結合し、
歯をコーティングする事で汚れが付きにくくなるのです。
さらに、歯の質を強化する事もできます。
そして、ポリリン酸は歯周病にも活躍できると言われています。

歯のホワイトニングとしてポリリン酸を利用した商品を購入する事もできますし、
ホワイトニングの施術を受ける時にもポリリン酸を利用します。
従来のホワイトニングとポリリン酸を利用したホワイトニングの違いは、
ポリリン酸だと歯茎を保護しなくて良い点です。
そのため、歯の隅までホワイトニングができます。
また、従来よりも痛みを感じにくいとも言われています。
さらに次回のホワイトニングは期間を開ける必要もないため、
早く歯をきれいにする事ができます。


白い歯は、「はははのは」の詳細はこのサイトのトップページをご覧ください。