歯に効果的な飲み物とそうでない飲み物

白い歯に憧れる人は、多数いますが、
現実の問題は歯を磨いてもなかなか白くならないのが現状です。

歯を白く保つためには、食べ物の良し悪しも大きく関わってきます。
歯を白くするために食べていいものと
食べてはいけない食べ物があるということを知る必要があります。

毎日の食事で健康的な白い歯を目指すことが綺麗への近道です。
まず、歯の黄ばみの原因を作る食べ物として
有名なのがコーヒーや紅茶というほぼ毎日口にしている飲み物です。

他にもお酒では赤ワインなどが有名です。
コーヒーや紅茶による着色汚れの原因はカフェインです。
赤ワインの場合はさらに、ブドウ特有のポリフェノールが関係しています。

これらの飲み物は、コップから直接飲むことが多いのですが、
着色汚れを気にする場合は、ストローで飲むという方法もあります。

しかし、あまり聞いたことがありません。
他にも糖類の多い飲み物や炭酸が入った飲み物は、
歯のエナメル質を弱くすることがあります。


トップページはこちら