白い歯を保つためコーヒーなどの飲みすぎに注意

歯を白い状態に保つのは意外に大変です。
少しでも手入れを怠るとどんどん歯の白さを失ってしまいます。
しかしなぜ歯に汚れがつきやすいのでしょうか?

それは飲み物も大きく関係しています。
カップなどに茶渋がつきやすいように歯にもついてしまうのです。
コーヒーや紅茶が好きで毎日のように飲んでいる、
たくさん飲んでしまっている方は特に注意が必要です。

知らず知らずのうちに歯にコーヒーなどの茶渋がつき、
少しずつ白さを失っているのです。
歯についた色素はなかなか落ちないので
白さを取り戻すのは簡単なことではありません。

そのため飲みすぎには注意が必要なのです。

白い歯を保ち続けるためにも
飲む量を減らすなど工夫と注意をしましょう。
そして少しでも白い歯を保つように日々の歯磨きも重要です。
しかし汚れを落とそうと強く磨くと逆に歯を傷つけてしまい、
汚れがつきやすくなります。

なので歯磨きは優しく丁寧に行い、
コーヒーの飲みすぎに注意するのがいいでしょう。

トップページはこちら