白い歯を作り出すための審美的な治療

審美歯科の治療で、よく利用されているのは、
白い歯にするための人工物などを使用した治療法が有名です。
これらは、インプラントと呼ばれ、
日本語に訳すと「人工歯根と」呼ばれています。

よく利用されるのがセラミックによる治療法です。
セラミックには、オールクラウンセラミックとジルコニアセラミックがあります。

両者の違いは歯を白くするための色合いや強度などが異なると言われています。
セラミックには、純度100パーセントのセラミックが
使用されているセラミッククラウン、
セラミックの上にジルコニアをつけたジルコニアセラミック、
セラミックを伏せたメタルボンドなどの種類があります。

審美歯科の治療の中でも一番人気なのはオールクラウンセラミックです。

歯本来の白さと同じに見えます。
だから周囲にも治療したことがばれにくいのです。
以前は割れやすく定期的な交換が必要になりましたが、
現在では耐久性が少しずつ良くなって来ていて、
割れにくい素材が増えています。



トップページはこちら