ホワイトニング

歯のホワイトニングのこと

1.ホワイトニングは二種類ある
2.ホワイトニングをする際の注意点
3.ホワイトニングのメリットとデメリット
4.ホワイトニング治療に関する注意点
5.ホワイトニングに実際にかかる治療費

1.ホワイトニングは二種類ある

メリットは即効性と手軽なところです。何故なら、
施術を受ければ一回でもある程度、歯の白さが戻ってきます。
ホワイトニングはホームとオフィスの二種類です。
オフィスホワイトニングは専門の歯科医で行います。

オフィスホワイトニングは専門の歯科医で行います。
まずはそれぞれの特徴を見てみましょう。

メリットは即効性と手軽なところです。
何故なら、施術を受ければ一回でもある程度、歯の白さが戻ってきます。

ただし、歯科医院によって使用する器材や効果は異なるようです。
なのであらかじめ、施術を受ける前に確認しておきましょう。

だけど、即効性があるので急いで、歯を白くしたい人にはお勧めです。
しかも、プロに自分の歯をチェックしてもらえます。

ただし、色戻りが早いので真っ白な歯になるまで
場合によっては何回か通院しなくてはいけません。

ホームホワイトニングは家庭内で出来る方法です。

ただし、まずは専門の歯科医院で自分の歯に合わせた
専用トレイ(マウスピース)を作ってもらわなくてはいけません。
自分の好きな時間に歯に装着し、徐々に歯を白くしていく方法になります。

ただし、薬剤は濃度が低いので歯が白くなるのに時間がかかります。
だけど、時間がかかる分、効果が長続きします。

それに白くなるまで地道な努力が必要になります。

どちらの方法を選ぶかは自分の状況にあうかで判断すべきです。



トップページはこちら

2.ホワイトニングをする際の注意点

ホワイトニングをするためには、
虫歯や歯並びに関する治療を行わなくてはいけないと考えている人がいますが、
実際のところは虫歯や歯並びといったことを気にすることなく治療を受けることが可能です。

市販されていているホワイトニングキットでは、
歯並びが悪いと凹凸がある部分だけホワイトニングの液を塗りにくいなどがあり、
仕上がりにムラができてしまう可能性があります。

その点、歯科医院では、歯並びが悪くても
歯科医師が丁寧に薬剤を塗布してくれるので安心です。
さらに、治療の過程で虫歯があれば、
放置することなく治療することが可能です。

歯に異常が見つかった時には
ホワイトニングよりも虫歯などの治療を優先してから
ホワイトニングを行います。

ホワイトニングを検討している場合は、
治療を受ける歯科医院で歯の健康状態を調べてもらい、
どのような治療が適切かなどを事前に
歯科医院で問い合わせることが大切です。

納得した上で治療を受けると良いです。






トップページはこちら

3.ホワイトニングのメリットとデメリット

ホワイトニングのメリットとデメリットについて詳しく解説
ホワイトニングについては、
かなり高い確率で白い歯を得ることができたと言う口コミを目にしますが、
実際気のところはどうか、ホワイトニングの効果について解説していきます。

ホワイトニングには、もちろんのことですがメリットとデメリットがあります。

まず、ホワイトニングの効果として大きいのが
結果の良し悪しがすぐにわかるということです。
歯科医院でのホワイトニングは、
1回の治療でつまり短時間で効果を得ることが可能ということです。

近年、自宅で行うホワイトニングキットが市販されていて、
経費削減の点から購入する人がいますが、
効果にムラがあり仕上がりがきれいでないことがあります。

歯科医院でのホワイトニングのような効果を得ることができません。

歯科医院では、医療用として認められている過酸化水素水を使用して
高度な技術でエナメル質に暈しを入れて歯を白く見せています。
そのため、治療後の短時間でホワイトニング効果を実感することができます。






トップページはこちら

4.ホワイトニング治療に関する注意点

ホワイトニングを選ぶには当然のことながら
様々な注意が必要になります。
しかし、その注意点はあまり知られていません。

知らないところに意外な落とし穴があるということを
事前に知っておくべき必要があります。

まず、料金はクリニックによって違いがありますが、
治療方針に関してはどのクリニックも同じくらいであると考えた方が良いです。

カウンセリングを無料で行っているクリニックもあります。
事前にカウンセリング等で使う薬剤や治療システムについて
問い合わせることが大切です。

歯科医院などの治療では
インプラントを使用した治療のほかに、
レーザー光線を照射して治療する方法もあります。

しかし、同じくレーザーを使用して行うレーザー脱毛とは異なり、
半永久的な効果を得ることは難しくなってきているのが現状です。

また、歯の性質には個人差がありますから、
最新の治療を施しても効果がでない場合があります。

治療を行う医師と相談して
体に負担のかからない適切な治療を見つけるのが望ましいです。






トップページはこちら


5.ホワイトニングに実際にかかる治療費

これまで、ホワイトニングについて紹介してきましたが、
ホワイトニングをしたいと思っていても
一般的な意見は費用が高いなどの理由で躊躇される傾向にあります。

審美歯科の治療に興味がない場合、
実際の相場などはあまり知られていません。

しかし、クリニックによっては、
一般的な相場よりは低料金で治療を行っているところもあります。

初回の費用はだいたい1万円から1万5千円と見積もるとよいです。
クリニックによってはもう少し高いところもありますから注意が必要です。
自宅や職場などからの通いやすさ、
キャンペーンなどの制度など自分のライフスタイルや
経済的負担に見合ったクリニックを選ぶことが望ましいです。

審美歯科でホワイトニングをすれば
効果は半永久的というひとがいますが実は違います。
3ヶ月から半年に一度、
年間に換算すれば2回から4回は治療に通わなくてはなりません。

こうした治療をメンテナンスといいますが、
メンテナンスにも料金がかかります。






トップページはこちら


 

サイトマップ